多忙な日々

2年生になって、調理検定の3級も

順調に取得した。

 

陸上部の強化合宿に参加する。

中長距離の成績は、良くないと

思っていたので、話が来たときは

驚いた。

 

常に早い人は、決まっていて

3位までは、定番だった。

2年生になり、1人卒業したので

チャンス、と思ったのに

他校に早い人が、現れた。

 

それが、中学の同級生で、

同じ陸上部だった、友達だった。

強化合宿で、顔を合わせたとき、

「どうして中長距離なの、前は

 短距離だったよね?」

「短距離は、早い人が多いから

 中長距離のほうが向いてる

 って先生に言われたの。」

確かに、彼女は早かった。

 

強化合宿は、楽しかったけど、

3位入賞は難しいと思った。

新入部員が入り、人数も増えた。

 

購買に、買い物に行くときに

挨拶をされることが、多くなり

知らない顔の人も、いたのだか

会釈だけは返していた。

 

1年生の子に、どうしてなのかを

聞いたところ、話題になっている。

と言われた。

どうやら、一目置かれているらしい

なぜなのかは、わからない。

 

「ホールの外の庭園で、アイスを

 食べている子がいるから、注意

 したら、逆ギレされた。」

と言って、怒っている同級生が

私に、行ってきてと訴えてきた。

先生に、注意されると

面倒なので、行くことにした。

 

「ホールのなかで食べれば、

 あまりカッコよくないよ。」

と、伝えた。

彼女たちは、「すいません。」

と言って入ってきた。

 

同級生が

「なんで?」と言っていたが、

私は、友達と教室に帰って

行った。

 

男女交際が、良くなったのか

どうかはわからないが、

前よりは、雰囲気は柔らかく

なったような気がする。

 

他校の男子学校の陸上部の

生徒が、中学校の同級生を

通して、会いたいと言って来た。

何度か連絡があり、会うだけなら

と伝えた。

 

競技場の近くに住む、M君は

私を、自宅に連れて行き、

両親に紹介した。

工業高校に通う彼は、数学で

分からないところがあれば、

いつでも、力になると言った。

 

私は、彼の家に行ったときから

彼がどんなに、親から愛されて

いるかを感じた。

 

2人のいた部屋から、庭の

片付けをする両親が、ずっと

目に入っていたから。

 

両親にお礼を伝え、帰宅するとき、

「また、いらっしゃい。」

と、言われたが、私はもう来ない

だろうと思った。

 

帰りは彼が、駅まで送ってくれた。

「部活で、男女交際は禁止されて

いるから、もう会えないと思う。」

と、伝えた。

 

あなたは、幸せな家庭で大切に

育てられた人だから、今はまだ

その場所を大切にしてね。

 

部活をしていたら、姉が自転車に

乗って、高校に来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか、そうなる?

家政科に入ると、調理技術検定がある。

 

最初は4級で、1ミリ以下のキュウリの

半月切りが30秒で何枚切れるか?

当分、家でキュウリを切る練習をして、 本番に望んだ。

 

3年生が、切ったキュウリを数えて 

記入していく。

「50枚です。あっ、○○さんて

 ○○○○さんの妹さん?」

兄の名前が出たことに驚いた。

「そうです。」

「頑張ってね。」

検定は合格した。

 

それ以降も、兄の名前は度々、 出てきた。

案外、兄はモテてたのかな?

今度、帰ってきた時に聞いてみよう と思った。

 

駐輪場は、運動場の片隅にあった。

陸上部が運動場で部活をしている。

数日後、私は陸上部に入った。

中長距離の種目に決まった。

 

同じクラスから5人、他の科から

1人、男子が3人入った。

短距離・高跳び・やり投げ・中長 距離・

走り幅跳びに別れて、

練習が始まった。

私は、校外に走りに行った。

 

部活が終わって、駐輪場に行くと

自転車のカゴに、封筒が入っていた。

相手の、心当たりがない。

 

どうやら、モテてるみたいだが、

同校は男女交際はダメみたいです。

中庭で話していた上級生の男女を

見かけた先生が、きつめに注意して

いるのを見かけたときに、

そこまで・・・と、思った。

 

同性をとうして、伝えてきたり、

呼び止められたり、電話がかかって

きたりしても、その気はなかった。

 

同じクラスの同級生から、友達と

スケートに行かないかと言われた。

予定は無かったので,OKした。

 

当日、スケート場に行くと、

彼女と一緒に、男性がいた。

他のクラスの同級生だった。

「付き合ってるの?」

「もう1人、来る予定だったけど  

歯医者に行くって言って、  

来られなくなったみたい。」

その日は、スケートをしただけで

帰った。

 来られなかった人から、紹介してと 頼まれたそうだ。

 

次の日、陸上部の顧問に呼ばれた。

どうやら、誰かに見られたらしい。

私は、同級生と行くつもりだった 意識

しかなかったので、 そう、伝えた。

彼女も、そう答えて、偶然

知り 合いに会ったと行ったらしい。

 

その日に、来る予定だった人を

教えられたが、会わなくて

良かったと思った。

 

自転車で帰っていると、 呼び止められた。

「僕のことわかる?」

「知らない。」

彼は、父の友人の子供で、小さい

時に 田んぼの手伝いに来て、

よく一緒に 遊んだそうだ。

 

両親が亡くなって、会わなくなったが、 名前を見て、思い出したらしい。

歩いて帰るときに、喉が乾いて

立ち寄ったところも、彼の家だった。

無意識に、知り合いの家に、寄って

いたのだろうか?

 

そして昨日、来れなくなった理由を 作っ

たのも彼らしい。

「あんなやつと、付き合わない方が  

いいから・・・」

帰って、母に聞いたら

「そうよ、よく遊んでたわ。  

元気にしてんだ、良かった。」

と、言った。

 

私の知らない所で、私を

護ってくれている人がいる。

すすむべき道に

兄は大阪に行くことになった。

局が地元にはなく、地元には事務所

しか、ないからだそうだ。

 

中学になって、手伝いが少なく

なったのは、機械が増えたのと、

兄が、その機械で平日は、田畑の

整地などをしてくれていたから

だったのです。

 

兄が、家を出ていくことは、

父が、今住んでいる近くにある

田んぼを売った理由の一つだった

のかも知れません。

 

「これからは私が、手伝うから。」

と、父に伝えたのですが、

父は、何も言いませんでした。

 

N君は、卒業式の後、引っ越して

行きました。

私に、引っ越し先の住所が書かれた

紙を残して。

 

父の弟が、住む所が無いと言って

引っ越してきて、倉庫に住んでいた。

手狭になったので、家を建てたいから

倉庫を倒して良いかと言ってきた。

 

つまり、土地を分けてくれと言うこと

らしい、祖母にも頼まれ為か、父は

弟に、土地を譲った。

 

田畑が売れたお金も、兄弟で分けた。

叔母さんの、家のこともあるから、

父のすることに、文句を言うわけでは

無いが、叔父さんが母を気にもかけて

いないことが気になった。

 

兄は家を出て行ったが、田植えや

稲刈りのときは、休暇願いを出して、

手伝いに帰ってきた。

 

私は、自転車で高校に通いだした。

 

 

 

 

 

はじめまして、さようなら。

数日前から、知らない男の人が

家の中にいる。

昨日は、お兄ちゃんと竹の飛行機を

作っていた。

 

私は、触らせてもらえなかったが、

組み立てるのも、紙を張るのも

凄く、器用に出来上がった。

 

兄は、それを持って友達と

飛ばしに行った。

 

母に誰かを聞くと、

「父の弟で、大工さんをしていて、

 今まで、県外で働いていたけど、

 体調をくずし、帰ってきた。」

と、言われた。

 

優しくて、物静かに本を読み

私も、本を読んでいると

「何を、読んでるの?」

と、聞かれたが、占いの本だった

ので、それには答えなかった。

 

「本は好き、いつでも読めるから」

「僕の本も、すんだら読めば良いよ」

本箱に、何冊かの本が入っていた。

それは、叔父さんのだったんだ。

 

私は、初めて叔父さんに相談した。

私が、人に相談することなど

無いと、思っていたのに。

 

畑に、下肥えを初めて運んだとき

誰かに見られたらしく、学校で

広められた。

それは本当のことだし、手伝い

だから、別に悪いことだとは思って

いないが、人が何をしていようと

構わないと思うが・・・

 

叔父さんは、私に聞いた。

「恥ずかしかったんじゃない、

 嫌だったら、お父さんに言えば

 いいけど、言いにくかった僕が

 言ってもいいよ。」

私は、恥ずかしかったのかな?

確かに、みんなに言われるのは

嫌だったけど・・・

「大丈夫、本当のことだし、

 いつか、みんなも忘れるよ。」

 

私は、他の誰にも、この事を

話してはいないが、それ以降

その手伝いは、さされてはいない。

 

ふた月ほどすぎた頃、

叔父さんは、いなくなった。

忘れた頃に、私に葉書が届いた。

「あなたは、あなたの思うように

生きて、あなたは、間違っては

いない。」

 

私は、母に叔父のことを聞いた。

「今、何処にいるの?」

「ひろっさんは、結核だったから

 療養所に入ったの、この前、

 肺炎になって治療してたんだけど、

 ダメだったの。」

「死んだの、本当に死んじゃったの?」

母は、頷いた。

信じられない気持ちと、やっぱり

と、思う気持ちがあった。

叔父さんがいなくなったとき、私は

タロットをしていた。

 

その時に、死神のカードが出てきた。

信じたくなくて、カードの意味を調べ

「休息が必要だ!」の意味だと思い

込もうとした。

 

叔父は、心配させたくなくて、私たち

には何も言わずに、出ていった。

叔父が読んでいた本が、本立ての中に

あった。

 

治らない病気だと、わかっている人が、

どうやって、たちむかっていくか?

叔父さんは知ってたんだ。

自分が、あまり良くないってことに。

だから一度、家に帰って来たんだ。

 

私は、声を出さずに泣いた。

胸が苦しくて、悲しかった。

だけど、今はきっと、元気になって

ると信じる。

 

叔父さんは、卒業したんだよね。

いつか、あったときに笑顔で、

葉書をありがとうって言うよ。

それまで、さようなら。

高校、何処に行くの?

高校を何処ににするか?

学費が安い

電車に乗らない

自転車で行ける

料理ができる

この時点で、二校に絞られた。

 

家に近い

兄が行っている(実は、以前住んでいた田畑

        のある家に近い)

家の手伝いができる(兄が就職する)

授業中に、料理して食べられる

これで決まった。

 

家政科のある高校にしよう。

であれば、今のままでも大丈夫だろうと思った。

親にも誰にも相談はせず、ここに行くとだけ伝えた。

 

試験を受け、発砲の日に先生から連絡が入った。

「合格してるから、書類を取りに行って来て。」

高校から書類をもらい、学校に行くと先生が、

予想以上に喜んでくれた。

 

「実は、学区外だったので、倍率がかなり高く

 四人合格に対して十五人、受験していたことが

 わかり、心配してた。」

と、言われた。

とにかく合格したので、良かった。

 

父の妹が、町でお菓子屋を営んでいた。

小学校の時に、一度泊りに行ったことがある。

年下の従妹と、遊んでいたとき。

「どうしても一緒に、まだ遊びたい。」

と言われて、一緒に家に行った。

 

お菓子屋の二階に、自宅があり、やさしいおじさん

(いとこの、お父さん)が迎えてくれた。

 

次の日、お店に来られるお客さんに、対応するのが

楽しくて、いとこと遊ぶのを忘れてた。

「お店の仕事は、面白い?」と、おじさんに聞かれ

「いっぱい、お菓子があっていいね。」と、答えた。

 

数年後、私が中学生の時に、そのおじさんが

幼い子供を三人残して、亡くなった。

心臓が悪かったらしい。

静かで、優しい人でした。

 

姉は、本屋に就職していたので、

家に本が大量に入り、読書し放題。

 

四月から兄は、就職して大阪に行きます。

 

 

 

田んぼが売れた。

駅の側の田んぼは、八月になると

い草の収穫時期になる。

暑い中、い草を刈り染料につけ干す。

 

小さいときは、ねこ車に載せ、

倒れそうななりながら運んでたのに、

今は、担いで運べるようになった。

 

夏休みの間の、田んぼ仕事は、

みんなで、することになっていたが

今年は、就職した姉の姿はない

 

次の年、兄は就職が決まったが、

県外の職場に行くことになった。

折角、兄のために買った車も

乗る人が、いなくなる。

 

正月に、みんなで神社に夜

参拝に行ったけど、これからも

何処かに、行けるのだろうか?

 

兄が、就職が決まった年に、

駅裏の土地が、大手の建築会社

によって広範囲に買われた。

 

父の妹の配偶者が、病気で

子供三人を残して、亡くなった。

父は、田んぼを売ったお金を

弟妹に、分けた。

本当は父が買ったのに、祖母の

気持ちを汲んだのだろう。

 

兄が、手伝えなくなることもあって

売る気になったのだろうか?

今は、機械でできる作業も多くなり

前ほど、手伝いをしなくても

良くなったので、部活に行ったり

友達の家に遊びにも行ける。

 

三年生になったとき、

働いている母の代わりに、夕食を

作るようになったが、

思たよりも好評だったので、

作るのが楽しくなってきた。

 

学校で、進学と就職の話が出

始めていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

心の友へ!

二年生になって、

クラスが変わって、席がきまった。

 

隣の席と後ろの席の男子は、

仲が良いらしく。

授業中も話していて、私まで

巻き込まれることもある。

 

そのうち、暗号・パズルクイズを

出すようになった。

私が、かなり考えたものを、

すっと、解かれるとショックだ。

そんなときに、N君が先生に

当てられた。

 

私は、何を質問されたのかも

わからなかったのに、

N君は、何もなかったかの様に

立ち上がって答えた。

 

すごい、尊敬。

今まで、一緒に話してたのに

何で、答えられるのだろう。

たぶん、頭が良いんだね。

それで、暗号もすぐ解けたんだ。

 

それからは、よく三人で話した。

いつか、自転車で日本一周を

したい。と言ってるのを聞いて、

私は行けないだろうな、と思って

少し、悲しかった。

 

「一緒に行く?」

「行けたらね。」

どうなるかわからないけど、そう

言ってくれたのは、嬉しかった。

そんな、たわいない話をしてる

うちに、一学期は終わった。

 

二学期になって、席替えがあった。

N君たちとは、離ればなれになって

私達は、以前ほと話さなくなった。

N君は、卒業したら転校する

みたいだと聞いて、

もう、会えなくなると思った。

 

「N君が好きなの?

「どうだろう、友達かな」

本当は、気にはなってた。

それから、よく、帰りが

一緒になった。

 

卒業のとき、サイン帳には

心の友へ、と書かれていた。

卒業して、N君は、私の友達と

文通を始めた。

一緒に帰ってた、友達だ。

 

彼等は、日本一周したのかな?